スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【韓国】アポカリプスネスト体験記!

韓国情報サイトの翻訳記事です。
※2ヵ月前の記事なので日本実装時には変更点がある事が予想されます。
アポカリプスネスト体験記!
apnt1

去る16日新規ネストのアポカリプスがテストサーバーで初めて公開されました。
これまでテストサーバーがなかったドラゴンネストでは異例なことだと注目されていています。
今回のテストの目的はアポカリプスネストを見てサーバーアップデートする前の最終点検です。/Thisisgame 크발칸

自ら決める進行ルート

ドラゴンネストのネストダンジョンは一般的に関門を順に通過してボスに会ってクリアする方式のステージをいいます。しかし、今回のアポカリプスはボスまで行くルートをユーザーが自ら決めて進行することができるという特徴があります。
apnt2
▲ユーザーが自らルートを選択する。

既存のネストが一方通行で進行されたので、関門ごとの難易度はユーザーらの間の大きい課題でした。
特にプレーするキャラクターにより感じる難易度が違ってみると関門に対する論議は何より大きかったですが。さらにボスより関門クリア方法が特に重要だと思われたことも多かったです。

今回のアポカリプスネストの最も大きい特徴は‘鍵’を導入してユーザーが必要なルートを決められるようになりました。‘鍵’は計6個の関門に各々1~3ヶずつかかっています。使った鍵の個数により関門の‘難易度’が決定されます。また使った鍵の個数はアポカリプスに進入するための‘封印の解除’に影響を与えます。
例えば‘鍵’2個の関門は全体では中間の難易度を持っていて、クリアすると総6個の封印中2個が解除される方式です。
apnt3
▲封印は総6個でクリアある関門の鍵だけに解除される。

そのためユーザーらは好みに応じて、あるいはパーティー構成に応じてルートを決めることができます。パーティー構成が効率的なクリアに似合わないならば‘鍵’1,2個関門だけクリアしながらボスまで行くことができます。火力やコントロールに自信があるならば3個の関門を含んで最短ルートでクリアすることも可能です。
apnt4
▲‘鍵’3個キャプテンランドー。

一つ懸念されるのは明らかに最適ルートが存在することであり、多くのユーザーらが最短ルートのみ行こうとすることが予想できるということです。当然最短ルートパーティーには疎外されるクラスもあるでしょう。疎外されるクラスに哀歓はより一層激しくなるでしょう。
もちろんそれに対抗する手段として、すべての関門をクリアすると封印が解除される‘秘密の部屋’があります。しかし、秘密の部屋の報酬がかなり良くないと、ユーザーらは早くクリアする事を望むでしょう。したがって多様な‘エサ’を提示してユーザーの挑戦欲求を引き出すことが必要だと考えます。
apnt5.jpg
▲すべての関門をクリアすると開かれる秘密の部屋。
果たして何があるのでしょうか?

apnt6.jpg
▲アイテムのほか、様々な報酬が望まれる。


多彩なクリア条件

‘鍵’がルートの多様性を試みたとすればアポカリプスネストの各関門は互いに違うコンセプトとクリア条件で面白味を与えています。
apnt7.jpg
▲闇属性や無属性で攻撃しなければならないウィスプジャイアント

例えばいくつかの関門は‘光がある場所だけでモンスターが攻撃可能’というクリア条件を持っています。この関門を素早くクリアするには、パーティーメンバー1人が光が消えるごとに中央のトリガーを操作して光が絶えないようにしなければなりません。
apnt8.jpg
▲中央のトリガーを押し続けて光を呼び出さなければならない。

また、同じボスの中で本物のボスを見つけるか、またはオーガを誘導しドアをふさいでいる封印を破壊しなければクリアすることができないような様々なクリア条件があります。
apnt9.jpg
▲スーパーアーマーの色が違う探し辛い事は変わりない。

アポカリプスネストをプレイしながら感じた点は『口に合う関門を選択することができて'興味のある攻略が可能だったことです。
そして、すべての封印が解けると登場する『狂信のブルラン』は、「ああ、関門は面白く楽しむ所で、ここからが本番なんだ。」という気がするほど体感難易度が急上昇しています。
apnt10.jpg
▲アポカリプスの最大の難関、狂信のブルラン

もちろん'狂信のブルラン'も‘地面に打ち込まれた+-電極を処理すればダメージを減らすことができる。’というクリア条件があります。パーティーメンバーの協力があれば無難にクリアできます。
apnt11.jpg
▲互いに協力しなければクリアが大変だ。

緊張感が低くなるボス

アポカリプスネストのボス‘審判者アポカリプス’は今までの関門と中間ボスの多様さと比較するとみすぼらしい感じがするほど平凡なボスでした。
▲アポカリプス登場シーン。

他のモンスターより攻撃力も高くて巨大な図体から感じられる威圧感も強烈です。しかし、実際に相手にすれば‘あれ?と思うほどやさしくて、地味という感じがします。もちろん喰らえば本当に痛いですが。
apnt12.jpg
▲巨大な図体から感じられる圧迫感は強烈だが・・・。

‘なぜだろう?’と考えた末‘モーションが曖昧なためだ。’という結論を下しました。実際アポカリプスを相手にすると触手(?)を利用して何かをするが、これが攻撃をするのかどんなスキルを使うのか分かり辛いです。
そうするとケルベロスやマンティコアのようにボスのパターンを研究してクリアした楽しみがなくなったのでしょうか?
apnt13.jpg
▲何か使っているのに何か分からない場合が多い。

そこに体力も弱いパターンを把握する必要なしでクリアできるという点もアポカリプスの楽しさを落としたと思われます。
だからといってむやみに体力や攻撃力を上げてくれという話ではありません。
apnt14.jpg
▲ごろごろ転がっているがこれは何?

変化が期待される
本来トランスフォーム2アップデートに追加される予定だったアポカリプスネストは公開された情報が少なくてユーザーの間で大きな反響を受けられなかったです。'こんなものが新しく出てきたよ'というレベルでした。ところでアポカリプスネストをプレーしながら感じた点は本当に多くの精魂を込めたという点です。回転させるだけの現象や進行不可のようなバグはあったが、新しい進行方法と多様な関門は新鮮でした。
apnt15.jpg
▲「えっ?」と声が出るほど驚いた関門。

アポカリプスネストはテストサーバー公開という破格的な決定のためにどんなアップデートより格別な意味を持っています。トランスフォーム2で数多くのユーザーフィードバックで変化するアポカリプスがどんな姿か期待されます。

元記事:Thisisgame記事

テーマ : DragonNest
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

注目記事
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
プロフィール

DN023(Jane023)

Author:DN023(Jane023)
韓国公式サイト及び韓国ゲーム情報サイトの翻訳・まとめブログです。日本に実装される際には内容が異なる場合があります。
※まだまだ誤訳等あると思いますがご了承下さい。
■ドラゴンネストプレイ状況
 サーバー:バルナック
 キャラクターネーム:グリトニル
 ギルド:DNA

Twitter
最新コメント
リンク集


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。